サイトマップ

キャッシングの審査指南

キャッシングは、初めて借り入れする人にとっては何も分からない状態なので、少しでも役に立てるように詳しく説明していきます。

お金を借り入れする為には、自分の希望額や金利に該当する消費者金融会社か銀行系のキャッシング会社を決めることが第一になります。現在日本にて、一番手軽で効率の良い申し込み方法であるインターネットからのキャッシング申し込みがオススメになります。

キャッシングを理由で切るかどうかは、消費者金融会社の審査によって決定して行きます。ここで、最も重要視される項目は、安定した収入があるかどうかになります。

お金を貸し出す会社はこの点を強く見ており、会社の正社員であろうとも、パートやアルバイトであろうとも、月収や日収など安定した収入があれば、キャッシングができる可能性は圧倒的に高くなっていきます。

ここで注意すべきなのは、どんなに素晴らしい一流企業に就職している人でも、過去にキャッシングを利用した経験があり、返済を怠ってしまった経験がある人は、審査に落ちてしまう恐れがあります。

これは、信用に関わる問題だからです。消費者金融会社や銀行からキャッシングするには、信用が一番大事な要素になってくるのです。

電話番号による審査の違い

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングの申込みをするとき、電話番号の記入をします。申し込みの際に電話番号の記入をするのは、もちろん何かあったときすぐにつながるようにするためのものです。

しかし、電話番号の記入の役割はそれだけではありません。実は、審査にも使われるのです。

われわれが一般的に使っている電話番号には、大きく分けて3つのタイプの電話番号があります。まずは固定電話です。東京でしたら03から始まり、大阪でしたら06から始まるあの電話番号のことです。これを市外局番というのですが、市外局番は地域によって変わります。

次に携帯電話の番号です。現在では、090もしくは080から始まる電話番号、これが携帯電話の番号です。どこに住んでいようとこの番号は変わりありません。そして、最近増えているのがインターネット回線を使った電話番号、050から始まるIP電話です。

これらの3つは、審査においても重要な意味を持ちます。審査において最も有利なのは、固定電話と携帯電話の2つの番号を持っていることです。

固定電話の番号を持っていることで、居住エリアがある程度特定できるからです。次に固定電話のみ持っているというケース、そして携帯電話の番号のみという順番で審査に有利となります。

ネットキャッシングについて

最近では、お金の借り入れを希望する人の中で、ネットキャッシングをする事が大半の割合を占めています。

ネットキャッシングとは、インターネット上の公式ホームページから借り入れの申し込みを行うことであり、非常な便利なシステムです。一昔前では、お金の融資を希望する際に、必ず、銀行の社員なり消費者金融会社の社員と顔をあわせなければなりませんでした。

しかもこのときに、借り入れ希望の理由や身の回りの説明、名前や職業など、プライベートなことを人に向かって話さなければなりませんでした。しかし時間が経ち、インターネットが普及し、それの流れに沿ってネットキャッシングも一般化し、非常に利便性の高いシステムが出来上がりました。

このネットキャッシングの長所は、周りの知人や会社の同僚に知られずに借り入れを行うことができる点です。お金を借りるときというのは、お金が無い状態のときですよね。それには当然よく無い原因があるのであって、それを知られたくないというのは人として当然のことです。

結果的に、ネットキャッシングは個人の尊厳を守ることもできるので、そういった点も人気が高くなった要因とも考えられます。利便性はどんどん上がり、最近では様々なキャンペーンを行っているキャッシング会社も登場しています。